MENU

ヨガで下半身痩せはできる?できる理由とより効果を出すポイントを解説します

2020 3/30
ヨガで下半身痩せはできる?できる理由とより効果を出すポイントを解説します
悩めるウサギのアイコン画像悩めるウサギ

  • 下半身だけ肉がついて困っている。
  • ヨガって下半身痩せできるの?

 

そんなに太ってるわけではないけれど..

なぜか下半身だけ肉がついてしまう!そんな悩みを持っている方へ。

 

女忍者のアイコン画像女忍者
今回は現役ヨガインストラクターの方に寄稿していただきました。

 

この記事を書いた人

RiE

RiE

ヨガ歴10年、講師歴6年のフリーヨガインストラクター
週10本ほど、ヨガクラスを担当。
趣味は美味しいものを食べること、料理、読書、美容です。
Instagram: irie_yoga_life

 

こんにちは!

ヨガ講師・ヨガライターのRiEです。

 

女性に多いと言われている下半身太り

実際にお悩み中のかたも多いのではないでしょうか?

下半身太りというと、遺伝や骨格だからと諦めてしまうかもしれません。

 

RiEのアイコン画像RiE

ですが、それは少し早計かもしれません!

 

実は、日常生活や無意識のうちに行っている習慣に、下半身太りの原因が隠れていることもあるのです!

今回は下半身が太る原因と、ヨガで下半身が痩せる効果とその理由より下半身痩せの効果を出すポイントをご紹介します。

 

ヨガで下半身痩せしたい方は是非見てってくださいね!

 

目次

なぜ下半身が太るのか

まずは、下半身が太る原因からみていきましょう!

①足のむくみ

多くの女性が、足のむくみが気になった経験があると思います。

長時間同じ姿勢でいたり、身体が冷えたりすると血行が悪くなります。

 

血流が悪いと、体内に不要な老廃物や水分が溜まり、重力によって下半身に水分が溜まるようになるのです。

自分の足に合わないパンプスやヒールを履くことも、むくみの原因になります。

ヒール

足のむくみは代謝機能が低下して、身体の冷えに繋がります。

 

②セルライト

セルライトは、脂肪組織に老廃物や水分が蓄積した状態です。

以下のような食生活をおくってる方は要注意!

  • スナック菓子やチョコレート菓子が好き
  • 濃い味付けが好き
  • カフェインの摂取量が多い
  • 適量を超えるお酒を飲む

 

食生活が原因となって、セルライトができやすいと言われています。

また、血行不良による身体の冷えや、運動不足による代謝機能の低下もセルライトの原因になります。

 

③筋肉量が少ない

日頃、運動するの習慣がなかったり、デスクワークなどで長時間椅子に座っていることが多いという方は、下半身の筋肉が衰えやすいです。

脚

内ももやふくらはぎの筋肉が低下して、下半身が太くなる原因になります。

 

ヨガの下半身痩せの効果

では、ヨガをすることで期待できる下半身痩せの効果をあげていきます。

①太ももが引き締まる

身体の土台である骨盤の位置を正しく戻すので、全身の老廃物をスムーズに排出して冷えを解消します。

日常では意識しない太ももの裏側(ハムストリング)が柔軟になるので、太もも全体が細くなって足が引き締まります。

 

②ふくらはぎが引き締まる

足裏の外側に体重がかかると、ふくらはぎの外側の筋肉が発達して、ふくらはぎが外側に張り出して太く見えます。

ヨガのポーズは、足裏全体に体重を均等にのせて行うので、外体重や片足体重による歪みを改善します。

ヨガのポーズ

下半身を力強く使うポーズが多いので、筋肉のポンプ機能が作用してほどよく筋肉がついたメリハリのあるふくらはぎになります。

③ヒップアップ

ヨガのポーズは、お尻や股関節周りなどの筋肉をほぐして血流・リンパの流れを促進します。

お尻の筋肉は、人体の身体の中で最も重いと言われています。

RiEのアイコン画像RiE

そのため、何もしなければ重力でたるんでしまいやすいのです。

 

ヨガでお尻の筋肉が強化されるとお尻の位置が高くなって、ヒップアップ効果に繋がります。

 

なぜヨガで下半身が痩せるのか

ヨガで下半身痩せできる理由を解説していきます。

①股関節が柔軟になる

股関節周りの動きが悪いと、骨盤周りの筋肉が固くなって血流やリンパの流れが悪くなります。

ヨガのポーズは股関節を前後・左右に大きく開くので、骨盤周りの筋肉を動かして股関節を柔軟にします。

ヨガのポーズ

血流やリンパの流れが良くなって、下半身太りやむくみが解消されてスッキリした下半身に!

RiEのアイコン画像RiE

歪んでいた骨盤が本来あるべき正しい位置に戻ると、全身の歪みが改善されて正しい姿勢になります。

 

そのほかにも、姿勢改善、腰痛改善、お腹が引き締まる、生理痛や生理不順の改善、便秘解消といった効果があります。

 

②下半身の筋力がアップする

ヨガのポーズは下半身を力強く使うポーズが多いです。

太ももやふくらはぎを強化・ストレッチすることで筋力が増えて代謝がアップします。

ヨガのポーズ

下半身の筋肉を使ってポーズを行うことで、下半身が適度に引き締まり・・

溜まっていた血流やリンパ液が活性化されて、冷え性やむくみの改善が期待できます。

より下半身痩せの効果を出すためには

①適度な運動

適度な運動は、身体に必要な筋力がつくので、脂肪の燃焼効果を高めます。

運動が習慣になると、代謝が上がって太りにくい身体になります。

RiEのアイコン画像RiE

オススメは、筋トレ!

 

ヨガと筋トレを組み合わせることで、相乗的に痩せやすくなります。

 

 

②カリウムと食物繊維を積極的にとる

下半身が太っている人は、身体がむくみやすくなっている可能性が高いです。

体内の老廃物の排出を促すためには、カリウムと食物繊維を積極的に摂りましょう。

 

カリウム

カリウムは、体内に溜まった余分な水分を尿として排出する作用があります。

カリウムを多く含む食べ物…さつまいも、じゃがいも、きゅうり、バナナ、りんごなど

 

食物繊維

食物繊維は、腸内環境を改善して便秘を解消し、便などの老廃物を排出しやすくします。

食物繊維には、水溶性と不溶性があります。

  • 水溶性食物繊維を多く含む食べ物…海藻、納豆、やまいも、こんにゃくなど
  • 不溶性食物繊維を多く含む食べ物…玄米、ごぼう、レタス、小麦など

 

③十分な睡眠

一見、関係がないように思うかもしれませんが、睡眠不足は下半身痩せの大敵です!

睡眠不足が続くと、新陳代謝を促す自律神経の調子が狂って痩せにくくなり、セルライトがつく原因となります。

睡眠

睡眠中の新陳代謝がスムーズに行われないと、体内に古い血液細胞が増えて血流が滞りやすくなります。

 

RiEのアイコン画像RiE

つまり、下半身太りの原因となるのです。

 

また、睡眠不足は甘いものや、炭水化物など高カロリーのものを欲する傾向があります。

起きている間、身体機能は活動を続けている状態です。

 

RiEのアイコン画像RiE

すると、脳が糖を欲しいと命令を出して、食欲を調整するホルモンのバランスが崩れてお腹がすいたと感じて暴食しやすくなるのです。

 

痩せやすい身体を目指すには、代謝のゴールデンタイムと言われている22~2時の間に寝て、睡眠時間は7時間は確保したいところです。

 

④むくみを取る

マッサージは下半身のむくみを解消するのにとても効果的です。

入浴中や入浴後などの身体が温まっている状態でマッサージをすると、凝り固まったセルライトがほぐれます

血流やリンパの流れが改善され、老廃物を流れやすくします。

 

まとめ

下半身が太る原因と、ヨガで下半身が痩せる効果とその理由、より下半身痩せの効果を出すポイントをご紹介しました。

RiEのアイコン画像RiE
下半身はなかなか痩せにくいところですが、遺伝や骨格だからと諦める前に、今の生活習慣を見直してみましょう!

 

ヨガには下半身痩せの効果がありますが、より効果を出したいかたは4つのポイントを実践してみてください。

今まで履いていたデニムが緩く感じるほど、サイズダウンするかもしれませんよ!


目次
閉じる