【ナミビア観光】レンタカー(ツアー) 宿、費用など。




トラブルなく無事終了した3泊4日のレンタカーの旅。
いや、ドライバー付きだったのでツアーといった方がいいのかな?

事故率75%と言われているナミビア。

自分たちで運転するということは、だいぶリスキーな選択だったので、結果ドライバーを雇ったことは正しい選択だったと思う。

なにより、ドライバーがいることで、
移動中に寝ることができる
(レンタカーだと、気を使って寝るのを躊躇うでしょ?)

余裕を持たせて、スケジューリングしたつもりだけど

毎日、全力で観光したので体力的にすごく疲れた。

(これで、移動中に寝れてなかったら。と考えると恐ろしい・・)

【お勧めツアー会社】

レンタカーを探すのは、結構苦労しました。

(その時の記事) ナミビアで、レンタカー探しに翻弄される。

今回、車の手配をお願いした会社は、しっかりした会社だったので
満足した旅ができました。

私たちが希望した、行きたいところをこんな風に事前に表にまとめてくれてたし。

トラブルが起きた際(車の事故、行きたかった場所に行けなかった時など。)には、
会社がお金を負担するといった書類も、作成してくれたし、
(こっちが、何も言わなくても!)

オーナーのご厚意で、キャンプ時に使う鍋や、クーラーボックスまで貸してくれました。

↓ 利用した会社 ↓

Tok Tokkie Shuttle

mail ⇒ tokkiebookings@shuttlesnambia.com

私たちのドライバーは、シエン。
当時はルーキーだったけど、全く問題なし。お勧めです!

【日程】

1日目:ウィントフック(約5時間)→スワコップムンド(宿)(約40分)
ムーンランドスケープ(約20分)→ウェルウィッチア(約60分)→スワコップムンド(宿)
初日は、ムーランドスケープへ!

DSC_0133

ムーンランドスケープは、本当に月の世界だったよ。

*スワコップムンドの宿

Skelton beach backpackers (スケルトンビーチバックパッカーズ)

住所:14 Moses Garoeb str, Vineta, P.O. Box 23658 Windhoek, Swakopmund

ドミトリー:160ナミビアドル(約1120円)
テント泊:120ナミビアドル(約840円)

 

サクサクWIFI、ホットシャワー、キッチン、駐車場有り。
ドミトリーのみ、朝食付きです。
共有スペースも、綺麗でした。

2日目:スワコップムンド(宿)(約2時間半)→ケープクロス(約2時間)→
ウォルビスベイ(約30分)→ スワコップムンド(宿)

オットセイへ会いにケープクロスへ!

やっと見れた、ピンクフラミンゴ!

ウォルビスベイのインフォメーションセンターへ行き、どこに行けばピンクフラミンゴに
会えるのかを聞き込みしてから、行きました。

*スワコップムンドの宿

Skelton beach backpackers (スケルトンビーチバックパッカーズ)

(2泊目)

DSC_0236

オシャレなキッチンで、皆で調理中。

3日目:スワコップムンド(セスリムまで約5時間)→(経由)ソリティア

→セスリム(宿)→DUNE45→セスリム(宿)

ソリティアの廃車とアップルパイ。

DUNE45(ナミブ砂漠)ではしゃぐの巻。

キツかったけど、思い出に残ったDUNE45・・


*セスリムの宿

Sesriem Camping Site(セスリムのキャンプサイト)

テント泊:180ナミビアドル(約1255円)

ドライバーの分は、130ナミビアドル(約910円)に値引きしてくれました。

 

WiFiは有料。ホットシャワー、バーやレストラン、売店、プールもあり。
サンライズ&サンセットをDUNE45で見るには、このキャンプサイトに泊まる必要があるらしい。

オンシーズンは、予約した方がベターらしいけど、私たちは予約なしでも泊まれました。
ゲートの開門時間は、日出の30分前。日没の30分後。

皆でキャンプファイヤーしたのも、いい思い出。

4日目:セスリム(宿)→デットフレイ(5~6時間)→ウィントフック

ビックダディから見渡す、ソスフレイの朝日は絶景。



これが、デットフレイだ!絵画みたいな景色は本当に見れたのか?



ウィントフックの宿

CHAMELEON BACKPACKERS(カメレオン バックパッカーズ)

住所:5 – 7 Voight Street, Windhoek 9000,
Namibia

ドミトリー:150ナミビアドル(約1050円)

テント泊:100ナミビアドル(約700円)

サクサクWIFI、ホットシャワー、キッチン、プール、朝食付き。
超快適な人気宿。だけど、テント泊は予約不可でした。

【かかった費用】

・車レンタル料(14人乗り):12000ナミビアドル(約85936円)

(ガソリン代、保険代は込み。ドライバーと自分たちの食費・宿泊費・入場料は除く。)

÷8人なので、1人1500ナミビアドル(約10742円)

・入場料


ムーンランドスケープ:
  40ND,ナミビア人10ND,車10ND

観光局にて、事前に取得。

ケープクロス
:  80ND,ナミビア人30ND, 車10ND
現地で支払い。


セスリム(ナミブ砂漠) 
 80ND, ナミビア人40ND. 車30ND

宿泊費、食費も合わせて、私のかかったトータル費用。

3泊4日で・・

3015ナミビアドル約21000円

 

朝・昼食は各自用意して、夜のみシェア飯しました。(ドライバーも。)

ドライバーの朝・昼は一人100ナミビアドル(約700円)

8人合わせて800ナミビアドル(約5600円)を、事前に渡しました。

2食、朝食付きの宿だったので、充分な金額だったと思いますがチップも込めて。

(車レンタル代にチップも含まれてるとのことでしたが。)

ドライバー優先主義

一日、かなりの時間運転してもらうので、私たちはテント泊でも、ドライバーはドミトリーに泊まってもらいました。

(セスリムのキャンプサイト以外)

【その他】

私たちは幸運なことに、8人という大人数が集まりましたが、少人数で行っても、思ったよりも金額は安めでした。

参考として・・

私と同じぐらいの時期に、ツアーに行った二人のブロガーさん。

世界一周アヤレミ旅のアヤさんは、3人で、2泊3日(宿、食費など全部込み)で

3800ナミビアドル(約26515円)のツアーへ。 記事⇒

・もしも会計士が財務諸表から離れて世界一周をしたらのユカさんは、

3人で、8泊9日のレンタカー旅。(私たちと一緒の会社)

合計費用 7336ナミビアドル(約52865円) 記事⇒

行ったルートはそれぞれ違いますが、普通のツアーに参加するよりも

交渉して、安くで行かれてます。

ナミビア見所満載で楽しかったですよ。

この記事が、誰かの役に立ちますように・・







 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です