【まとめ】アフリカ旅を、しみじみと振り返ってみる。

アフリカ




12月6日~3月1日まで約3か月過ごした、アフリカでの日々。

楽しくもあり、辛くもあった、まさに喜怒哀楽に飛んだ毎日。

アフリカで過ごしたこの3か月は、忘れることのできない思い出になりました。

mappu_africa

ちなみに、アフリカ大陸。

何か国あると思いますか?

・・

正解は、56 か国

以前に訪れたモロッコも含めても、私は9か国にしか行ってない。

(たった、16%にしかすぎないんだよ・・)

アフリカに私が持っていたイメージ。

危険・貧困・エイズなど、当然56か国全部に当てはまる訳もなく・・

良い意味で裏切られることも多かったアフリカ。

行くかどうか迷ってる人がいたら、ぜひ勧めたい。

楽しかったよ、アフリカ!

 

1か国目:エチオピア

ヨルダンから飛行機で、飛んだエチオピア。

本当はエジプトから南下する予定だったけど、エジプトへの飛行機が

行方不明になったニュースを見て怖くなって止めちゃった。

飛行機の事故と、水死と、窒息死は避けたい死に方。

(老衰か安楽死がいいな)

ついでに、スーダンも宿の汚さに怖れて飛ばしちゃったけど

行った人が皆「人がすごく良かった!」と絶賛するので、行けばよかったと少し後悔・・

空港で久しぶりに会ったてれさと、あやさん。

あやさんは、トマティーナで一瞬だけ話したことがあるですが

この人見知りの私がすぐに仲良くなれた貴重な人。

初めて食べる未知な食べ物、インジェラ

見た目は雑巾、味はゲロなんて評されてるけど意外とイケました。

(好んで食べようとは思わないけど。)

エチオピア人は、陽気な人が多い 。

毎日、笑い転げてたなぁ・・

「チャイナ、チャイナ!」と近づいてくるのに、追いかけると逃げる子供たち。


可愛かったなぁー。

一大イベントのダナキルツアー

クリスマスに合わせ、あやさんがサンタ帽をドイツで買って貸してれた。お蔭でエチオピアにいながらも、クリスマス気分を感じることができました。

目の前に広がる、今まで見たことない世界。


エチオピアに行ったからこそ、見れた世界。

特に火山のこの景色は凄かった!

ヒゲが「あやさんが誘ってくれたから、この景色を見れたんだ。」と感慨気に話してるのを聞いて、なんだか泣きそうになったんだ。



ずっとずっと、興味があった民族巡り

違う文化に、残る風習。

(全裸で牛を飛べなきゃ大人って認めてもらえないって、どんなんだよ..)



この目で間近で見れることが嬉しくて・・ まるで憧れてた芸能人に会えたような感覚。

色々と上手くいかないこともあったけど、今となっては良い思い出。

水が出ないシャワー、野ション、Wi-Fiなしの生活。慣れれば意外とどうにかなるもんだった。

(スッピン、眼鏡の見苦しいカッコで失礼) 

 

ビビりながら、国境越えてたどりついたのは・・

 

2か国目:ケニア

初めて見る鉄格子超しの商店・・

治安があまりよくないと言われてる場所なのでビビってたけど、住めば都

イスラム教徒が多く住む街だったので、人も暖かかった。

なにより感動したのは、ケニアご飯。

エチオピアと比べて、ぐっとバリエーションが増え、接客サービスも向上。

もうこれだけで、ケニア最高!って、皆で興奮した。

いよいよ、凶悪都市と言われるナイロビへ。

想像以上に都会。久しぶりのWi-Fi、ホットシャワーが嬉しすぎて

だらだらニューケニアロッジに沈没しちゃったな。(その流れで、ウガンダ、ルワンダも飛ばしちゃった..)

マサイマーケットは可愛いものが多くて、靴や服やらを色々お買い上げ。

ケニア人もやっぱり陽気な人が多くて・・

ナイロビで行ったクラブでは、皆が絡んでくれて、楽しかったな。

今後に備えてテントを購入。(小さすぎた・・)

動物欲がなくて、元々サファリには行かない予定だったけど

安かったから自転車サファリには参加してみた。

自転車漕ぐのはキツかったけど、間近で野生のキリンを見れたから良かった。

 

3か国目:タンザニア

宿のクオリティーがぐっと上がった、タンザニア。

衣食住のの重要さを実感。

タンザニアでしたことと言えば、マサイ族の牛マーケットに行ったぐらいかなぁー。

誇り高きマサイ族は、中々写真撮らしてくれなかったなぁ。

タンザニアがアフリカで一番良かった!という人も多い中、

駆け足で駆け抜けちゃったので、あまり良さを実感できなかったなのが残念。

タンザニアのリゾート地、ザンジバル島。

てれさにあわせて行かなかったけど、後からやっぱり一人でも行けばよかったと後悔・・

今度、行きたい場所が分かれたら、絶対別行動しよっ!ってここで決意したんだ。

(そして、今の一人旅に至る。)

 

4か国目:マラウイ

緩やかな時間流れる、カタベイ。

琵琶湖に慣れ親しんでる私は、やっぱり湖が好きだ。

アフリカの暖かい心なんて言われてるマラウイ人。

今までの国と比べて、少しシャイな人が多い印象。



カタベイの白ご飯は、日本の米に似ててアフリカで一番美味しかった。

チズムル島でのIrand Life

この島を訪れてなかったら、マラウイのことを好きになってなかったと思う。


島での生活って、なんでこんなに時間がゆっくり流れてるように感じるんだろう..
子供達よ、良い笑顔をありがとう!
(スドケンの真似。)
幻想的な蛍の大群。

5か国目:ザンビア

ザンビアで見つけてしまいましたよ、可愛い精霊。
お土産は南米で買おうと控えてたけど、思わず大量買いしちゃったコイツ。

無事に日本に到着したみたいです。

ザンビアと言えば、ビクトリアフォール。

ここでは、映画の影響で忍者が人気。

アフリカの中で一番『写真撮って!』ってお願いされたなー。

ザンビアの宿は、超快適(高かったけど。)
アフリカの旅は、再会の連続。

この宿に偶然集まった日本人、総勢10名で誕生日BBQもしました。

(アフリカに日本人の旅人がこんなにいるなんて、思ってもなかった・・)

魔法の杖を持って、いざ出陣!

ライオンとお散歩。

この杖を持ってたら襲ってこないという..(本当かよ!)

初めて食べたキャタピラ
良く言えば、甘みのない甘エビの唐揚げみたいな味でした。

6か国目:ボツワナ

宿代が高くなるボツワナから、テント生活が始まりました。

ケニアで買ったテントはやっぱり小さすぎたので、再購入。


テント生活が楽しくなるために、落書きもしたよ..



象大国のボツワナ。
ここもサファリが安かったので、ボートサファリに参加。

ぷかぷかボートに乗りながら、象、カバ、クロコダイル、キリンなとが見れました。

そして、象が遊びに来る宿、
エレファントサンズロッジ


この距離で、野生の象が見れちゃう凄い宿。

夜はワインを飲みながら象鑑賞。
うん、なんかアフリカっぽい。

7か国目:ナミビア

ヒルトンホテルの前で、ヒンバ族がお土産売ってて、まずビックリ。


『こんにちは〜!』て行ってて、更にビックリ!
車をチャーターして、色んなところへ行きました。
大量のオットセイに、
ピンクフラミンゴ

ナミブ砂漠に、

 

デッドフレイ

いやー、ナミビアは見所満載。
きっとナミビアだけ行っても充分楽しめると思う。

ここで、
ゲームミートも初挑戦。

私はシマウマの肉が苦手でした。

 

8か国目:南アフリカ


イメージしてたアフリカと一番かけ離れてたのが、この国。

白人も多く住んでいて、めっちゃ栄えてたよ。

カラフルな街並みのボカープ地区。

あやさんとスドケンと一緒に行ったテーブルマウンテン。


    

都会だけど、自然も豊かな南アフリカ。

調子に乗って、こんな写真もそう言えば撮ったなー。

アフリカ再南西端の喜望峰も、皆んなで行きました。


 

この後、レソトという国にも行く予定だったけど、この喜望峰でなんか知らない達成感を得てしまい、結局キャンセル。

 
(南アフリカはまた行きたい国だから、そん時にレソトもリベンジするぞ。)

楽しみにしていた、お寿司食べ放題

大食いなはずなのに、シャリが多すぎて全然食べられなかったのが、ちょっと残念。でもこの喜望峰メンバーが、『てれさが誕生日だから..』って二回目なのに一緒についてきてくれた。
(しかも、奢ってくれた!)
皆んなで行ったから、余計に楽しかったよ、ありがとう
アフリカ最後だから、こんな髪の毛に・・気合いを入れて向かったステレンボッシュ。

毎日オシャレなワイナリーで、ワイン三昧。

南アフリカは、本当にアフリカ縦断のご褒美のような国でした。

さて、振り返り終わり。

行きたくなった?笑

アフリカ大陸56か国もあるもんで、制覇するのが難しい・・

西アフリカ旅に、旅心が揺らめいている今日この頃です。

アフリカ

6 件のコメント

  • 女忍者さん!ご無沙汰してしまいました。お元気にしてますか!?私はヘルニアが悪化して痛みに苦しんでいたところに、数年ぶり嫌な事があり、メンタル崩壊してます。。でも女忍者さんとこに来て、世界の写真みてたら、ちっぽけなあたしだなーと思って。ていう私は今久しぶりに朝早くの電車に乗り江ノ島に向かってます。紫陽花と海とイルカを見てきます。こんな小さな日本の片隅に、悩みと戦うズッキーニでした。꒰ ˃̆ૢ௰˂̆ૢഃ◍꒱

  • エチオピアでジャマイカを思い出されるような風習とかノリとかありました?
    よかったら教えて下さい。

  • ニンジャマンさん
    うーん、シャシャマネのラスタ村に行った時ぐらいしかジャマイカを感じなかった気が..
    レゲエも時折流れてたのですが、それよりもエチオピア独自の音楽の方が多く流れてました。野外で爆音で音楽をかける..なんてこともなかったし。
    エチオピア人よりジャマイカ人の方が、よりクレイジーな印象です。

  • ズッキーニ先輩
    お久しぶりです!ヘルニアに、メンタル崩壊!(°_°)
    それは辛そうですね・・早く良くなりますように。
    私も最近まで落ち込むことがあったのですが、毎日嫌でも笑って生活してたら、いつのまにか吹っ切れました。人間は忘れる生き物なのでね!(吹っ切るまでは辛いてすけど..)
    江ノ島。行ったことないけど、紫陽花と海とイルカっていうワード素敵ですね!
    自然に癒されて、ズッキーニ先輩が笑って過ごせてますように・・‼︎

  • 返事ありがとうございます。
    エチオピアの音楽ってあまり耳にしませんね。南アはたまに目にしますが。
    いつもブログ楽しく拝見させてもらってます。
    これからも体に気を付けて旅を続けて下さい。
    Jah bless you.

  • ニンジャマンさん
    エチオピアの音楽は、なんか演歌みたいな?
    こぶしをきかせた感じで・・
    レゲエとは、全然違うのでびっくりしました!!
    エチオピア特有のダンスもありましたよー
    ありがとうございます!Jah Bless!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です